2013年03月13日

HIKOBAE応援団とohana本舗の野菜

2月末日 赤坂にあるイタリアンレストラン
ラ・スコリエーラに東日本大震災復興支援企画 HIKOBAEの
私設応援団の諸氏(26名)が2年目のツアーを準備中の
小職を励まそうと集まってくれた。

この機会を逃してはならないとテーブルの中央に
大分県臼杵市野津町のohana本舗臼杵農場から届いた
野菜をシェフが一切手を加えずカットして盛り付けた。
ソースはバーニャカウダ風オリジナルソース、
乾杯の発声と共に、全員がテーブル中央に
置かれた野菜をでパクパクと頬張り始めた。
あっという間に全てが参加者の皆さんの胃袋に消えていった!

1.JPG


中央は安倍政権注目のマドンナ、国務大臣森まさこ女史、
「監督この野菜美味い(福島訛り)!農業始めたの!?、言ってくれなきゃだめじゃない!」
満面の笑みで会話が弾む。

2.JPG

同じく、スピーチする 片山さつき 総務大臣 政務官

3.JPG

HIKOBAEポスターバックに、野菜を即送ってくれとの立谷相馬市長(右)

4.JPG

ピンボケですが左から立谷相馬市長、衛藤征士郎さん、私、20年来の親友伊藤信太郎衆議院議員(宮城)
と言うことで参加者の皆さんから、次はいつ食べられるかの質問!!
嬉しい悲鳴とはこのことを言うのでしょう(笑)

HIKOBAE米国及び国内ツアーが終了したら、野津・亀甲のファームに戻って汗をかくこと、
それが今人生最大の目標です。

ラ・スコリエーラは私の同志とも言える服部友喜(ゆうき)氏が
オーナーを務める南イタリアのサルディア島料理を中心に
メニューを組んでいるレストランで、約30年通うマイキッチンです。
私が魚介レストランの最高峰だと信じて疑わないお勧めレストランです。

服部氏は毎朝4時に横須賀港から自ら漁に出て、
都内三箇所にある自らのお店に届けています。
服部氏は八丈島網元を祖先に持つ根っからのウミンチュ。
船は親子代々、全て我が故郷臼杵の造船所に発注しているそうです。

服部友喜(ゆうき)氏が揚げた魚介類と、ohana本舗の有機(ゆうき)野菜の
コラボレーション、考えるだけでワクワクします!
posted by 塩屋俊 at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。